【メンズ】家庭用脱毛器「ケノン」でほくろへの照射は絶対NG!?

【メンズ】家庭用脱毛器「ケノン」でほくろへの照射は絶対NG!?
コナン君

初めまして!メンズ脱毛スクールのコナンだ。メンズ脱毛について詳しく説明していくぞ!

ムダ毛の自己処理に困っている男性にも人気がある家庭用脱毛器「ケノン」!

ケノンの購入をご検討中の方が悩むポイントは「ケノンはほくろに照射していいのか?」という点です。

結論からいうとケノンはほくろに照射してはいけません。

今回の記事では、ケノンがほくろへの照射で生じるリスクについて伝え、ほくろに照射しないための対策についてもご紹介します。

また、効率的に脱毛がしたいという方にはオススメの脱毛クリニックについてご紹介しますのでそちらもご確認ください!

剛毛男子にも使えるケノン!

ケノン (家庭用脱毛器)
ケノンのロゴ
商品名 ケノン
評価 ★★★★★
商品価格69,800円
特徴出力120%アップ
剛毛男子にもおすすめ!
実績 脱毛器ランキング第1位

ケノンの公式サイトへ

ケノンのほくろへの照射はNG!!

ケノンのほくろへの照射はNGです。家庭用脱毛器のケノンを使って脱毛をする場合、ほくろには照射させてはいけません。

無駄毛のそばにほくろがあるとそのまま脱毛器を使ってしまいたいと思う人もいるでしょう。

しかし、ほくろに照射させることはNGであるとされていますし、肌トラブルが起きる可能性が高いです。

NGなその理由とリスクについて説明します。

ほくろへの照射がNGな理由

ケノンは家庭用の光脱毛機です。ケノンのカートリッジからは光が照射されます。光は体毛の黒いメラニンに吸収されやすい性質があります。

光を毛に向けて照射すると、毛のメラニンを破壊するので脱毛ができる仕組みになっているのです。

黒いメラニンに反応をするということは、黒いほくろにも反応を示します。

脱毛する能力がある光をほくろに照射すると、トラブルが生じる可能性があることがわかるでしょう。

ほくろへの照射時のリスク・問題点

ほくろへ照射したときにおこるリスク・問題点についてまとめています。

照射のリスク・問題点
(ほくろ)
説明
やけど
炎症
クリニック
炎症や腫れが生じる
痛み
リスク
痛みが生じる
脱毛効果が下がる
ストロング
やけどのリスクを抑えるために
照射レベルを下げる必要がある

ケノンをほくろへ照射したときにはいろいろなリスクが生じます。

ケノンを使って脱毛をしようと思っている人はぜひ知っておきたい内容です。

ここでは、ケノンをほくろに照射したときにはどのようなリスクやトラブルが生じるのかを詳しく説明します。

火傷をする

ケノンの光はメラニンの黒い部分に反応をします。ほくろのメラニンは毛よりも黒い場合があります。

そのため、ほくろはケノンの光の影響を受けやすくなっています。

ほくろがケノンの光を過剰に吸収することによって、火傷をする危険性があります。

痛みを強く感じる

一度の照射でやけどが生じなくても、同じほくろ部分に何度も使い続けることで炎症が起きる場合もあります。

また、炎症が起きれば脱毛は一旦中止しなければなりません。

継続して使ってこそ脱毛効果を高めることができます継続して脱毛ができないと、効果を実感するまでにも時間がかかるでしょう。

照射レベルを上げられない

やけどのリスクを減らすためには、ほくろが光を過度に吸収しないようにケノンの照射レベルを下げなければなりません。

ケノンなどの家庭用脱毛器はサロンの脱毛機に比べて光の照射レベルが低いです。

照射レベルを下げればさらに脱毛効果が低くなってしまい、脱毛効果を感じにくくなってしまいます。

Point

ほくろは光を吸収しやすく火傷をする

ほくろへ繰り返し照射すると炎症する

照射レベルを下げると脱毛効果が低下する

ほくろがある部位にケノンを照射する場合の対策

ほくろがある部位にケノンを照射する場合、リスクを避けるためにどのようにすればよいのでしょうか?

ほくろがある部位に照射する際にすべきことを説明します!

保護シールや絆創膏でほくろを隠す

ほくろを隠せばケノンの光が照射されることが無くなり、リスクもなくなります。

ほくろを隠すためには、保護シールを貼ることがおすすめです。

100円ショップなどで売っている丸い色つきのシールで十分です。黒以外の色つきのシールならどのようなものでも構いません。絆創膏をほくろの大きさに切って貼っても良いです。

ケノンを使用するときに、ほくろが隠れて見えないようにするとほくろに光が集まらないので、火傷をすることもなくなります。

脱毛前後の冷却

ケノンを使う前、使った後には光を当てた場所を冷却しましょう。脱毛では光を当てるので、肌への刺激を感じます。

しかし、脱毛前後に10秒程度冷却することで脱毛時の肌への刺激を抑えることができます。

肌を冷却するときには、保冷剤を使うと簡単に冷やすことができます。いくつかの保冷剤を準備しておくと、サクサク脱毛を進めていくことができるでしょう。

Point

リスク回避にほくろを保護シールで隠す

絆創膏を貼ってほくろを隠しても良い

脱毛前後10秒間は保冷剤で冷やす

そもそもケノンって?ケノンについて徹底解説

ケノンは人気の家庭用脱毛機です。ケノンについて詳細を把握しているでしょうか?

ここでは、ケノンについて詳しく解説していきます。

ケノンの基本スペック

ここでは、ケノンの基本的なスペックについて紹介していきます。

商品名 ケノン
商品画像 ケノン
脱毛方法 フラッシュ式
照射面積 9.25㎠
レベル調整 照射レベル調節10段階
カートリッジ ・プレミアム
・ラージ
・エクストララージ
・ストロング
・美顔

ケノンの脱毛方法はフラッシュ式です。いわゆる光脱毛と呼ばれているものです。

毛根の黒いメラニン色素に光を当てて、ダメージを与え無駄毛を処理していきます。照射面積も満足できる範囲となっています。

ケノンの光は照射レベルを調節できます。10段階のレベルがあるので、自分の肌や無駄毛の状態に合わせてレベル調整します。

カートリッジは5つの種類があり、美顔用のカートリッジもあります。

ケノンは公式サイトでの購入がお得!

ケノンを購入するなら1番お得なところで購入したい、と思っている人もいると思います。

ケノンはどこで購入すると良いのか見ていきましょう。

購入先 価格 備考
公式ショップ
ケノン
69,800円 送料無料
代引き手数料無料
メーカー小売希望価格
ケノン
98,000円

上記の表は当サイトが調べたケノンの販売料金です。

公式ショップでの販売以外にもケノンを販売しているところがありました。

販売価格を比較すると、圧倒的に公式ショップのほうが安いです。

安い上に、公式ショップでの購入なので、偽物を購入する心配もありません。正規品を安い値段で購入できる安心感があると思います。

ケノンよりも効率的に脱毛するならメンズ脱毛

ケノンは自宅で都合に合わせて脱毛でき便利ですが、メンズ脱毛と比べると脱毛効果が低いです。

ケノンよりも効率よく脱毛をしたいと思うならメンズ脱毛を検討することをおすすめします。

メンズ脱毛のメリット・デメリット

メンズ脱毛のメリット・デメリットを見ていきます。

メンズ脱毛のメリット
  • 気になる無駄毛をスピーディーに脱毛できる
  • ツルツルにも部分的に残すことも可能
  • 全身一気に脱毛が可能

メンズ脱毛を利用すると、気になる無駄毛を効率よく無くしていくことができます。

また、無駄毛をすべてなくすこともできますし、一部分だけ残したり、全体的に薄くすることも可能です。

メンズ脱毛のデメリット

メンズ脱毛のデメリットは一つ、費用が高くかかることです。ケノンは本体とカートリッジの購入に費用が掛かるだけです。

メンズ脱毛は脱毛費用が高くかかります。ほかにも脱毛をするために通う必要があるので交通費も必要です。

メンズ脱毛のほくろへの照射

ほくろのある部分の脱毛に関してですが、ほくろへの直接の照射はやけどの危険があります。

そのため、基本的には直接の照射はせずにシールでほくろを覆うなどして、照射が直接当たらないように対策をしています。

ケノンと医療脱毛を比較

ケノンと医療脱毛を比較します。

脱毛の種類 費用
ケノン
ケノン
69,800円
医療脱毛
クリニック
68,800円
(5回)

*医療脱毛の料金はセレクトヒゲ脱毛3部位5回コースの料金を参考にしています。

上記の表は、おすすめの家庭用脱毛器「ケノン」と医療脱毛を比較したものです。

脱毛の効率

ケノンはフラッシュ脱毛です。いわゆる脱毛サロンが行っている光脱毛と同じです。家庭用脱毛機なので、光の照射力は脱毛サロンと同等かそれ以下と考えられます。

医療脱毛クリニックで導入されている施術方法は医療レーザー脱毛になります。医師のもとで行われるため、レーザーの照射力が強いという特徴があります。

効率よく脱毛を進めていくには医療脱毛がおすすめです。

費用・効果面

ケノンはカートリッジの交換が必要なので、追加費用が掛かります。また、ケノンではクリニックやサロンよりも光の照射が弱いためにより多くの施術回数が必要になると考えられます。

医療脱毛でも5回ではツルツルにならない場合もありますが、クリニックによってはコース終了後の特別料金が設定されている場合もあるのでトータルでかかる費用を抑えることができます。

Point

ケノンは公式サイトが安い

ケノンはカートリッジの追加購入が必要

医療脱毛は照射エネルギーが強い

髭脱毛でおすすめのクリニック・サロン紹介!

髭脱毛でおすすめのクリニック・サロンを紹介していきます。

医療脱毛ができるメンズリゼ

メンズリゼ

  • 3種類の脱毛機から最適なものを選択
  • ツルツルのほか薄く残すなど自由自在
  • 完全無料保証で肌トラブルに対応

メンズリゼでは、3種類の医療レーザー脱毛器を導入。肌質や毛質を考慮し可能な限りリスクを抑えて脱毛ができる脱毛器を使用します。

脱毛では、ムダ毛を1本残らずなくしてつるつるにすることができます。また、部分的に残したり、全体的に薄くすることもできます。

医療脱毛はレーザーの照射力が強いため、肌トラブルが生じる恐れがあります。そのためメンズリゼでは、そのリスクを回避するような対策をしています。

万が一肌トラブルが生じた場合でも完全無料保証があるので心強いですね。

メンズリゼではほくろへの照射は行っているの?

メンズリゼでは大きなほくろへの照射は、やけどのリスクが非常に高いので行っていません。

色の薄いほくろや小さなほくろに対しての照射は可能ではありますが、レーザーの照射により色が薄くなる可能性があります。

ほくろが多い方はスタッフにあらかじめ伝えておくと良いでしょう。

メンズ脱毛サロン・リンクス

メンズリンクス

  • オリジナルの脱毛機を導入
  • 医師監修の脱毛サロン
  • コース終了後追加施術が無制限で80%OFF

リンクスは、医師監修の脱毛サロンです。使用している独自の脱毛機も安全性と機能性を両立させたものとなっています。

さらに脱毛器は、メーカーと共同開発したオリジナルのものです。冷却機能を高めているため痛みが抑制されています。

脱毛コース終了後に追加で脱毛をするときには、無制限で80%OFFの料金で利用できます。料金をそこまで気にすることなく、満足いくまで脱毛をすることができるでしょう。

リンクスではほくろへの照射は行っているの?

リンクスではほくろから生えている毛に対する照射は安全を確保するため行っていません。

しかし、ほくろの周辺に生えている毛に対してはテープでほくろを覆う等の対策をして照射をすることが可能です。

リンクスではアフターケアも丁寧に行ってもらえるので、ほくろが多い方や肌が弱い方でも脱毛施術を受けることができます。

おすすめ脱毛サロン・クリニックをまとめて解説

メンズリゼとリンクスの脱毛施術の料金を比較していきます。

ヒゲ脱毛の料金まとめ

ヒゲ脱毛は1番人気が高い脱毛施術です。

メンズリゼとリンクスのヒゲ脱毛の料金を比較します。

クリニック
サロン名
1回 コース料金
(回数)
コース終了後の
1回の料金
メンズリゼ
メンズリゼのロゴ
34,000円 91,800円
(回数)
15,000円
リンクス
リンクスのロゴ
59,800円
(回数)
コース終了後
80%オフ

メンズリゼとリンクスのヒゲ脱毛の料金を比較しています。

リンクスはキャンペーン価格になりますが、ヒゲ脱毛コースの料金が6万円をきる安さです。

メンズリゼはコース終了後追加施術をする場合、1回15,000円で利用できます。

またメンズリゼやリンクスには学割などのキャンペーン以外の割引もございますので、少しでも安く利用したいという方は積極的に利用しましょう。

全身脱毛の料金まとめ

気になるムダ毛が多くある場合には、部分脱毛を重ねていくよりも、全身脱毛をするほうがお得です。

ここでは、全身脱毛の料金を比較していきます。

クリニック
サロン名
1回 コース料金 コース終了後の
1回の料金
メンズリゼ
メンズリゼのロゴ
188,000円 276,000円
(5回)
55,800円
リンクス
リンクスのロゴ
98,000円
(セット価格)
398,000円
(8回)
必要な部位のみ
80%オフ

メンズリゼとリンクスの全身脱毛の料金を比較しています。

メンズリゼは全身脱毛のコース料金が安いです。リンクスはキャンペーンを利用すれば「顔ひげ脱毛」か「陰部脱毛」が特典でついてくるので、気になる人は公式サイトをチェックしてみてください。

メンズリゼはコース終了後に追加施術する場合、1回の価格が55,800円です。通常料金よりもかなり安い価格で施術できます。

Point

メンズリゼは全身脱毛のコース料金が安い

メンズリゼはコース終了後追加施術が安い

リンクスはヒゲ脱毛のコース料金が安い

ケノンで脱毛するならほくろの保護は必須!

ケノンは人気の家庭用脱毛機です。

ケノンを使えば自宅で好きな時にいつでも脱毛が可能です。ただし、ほくろには照射しないように注意しましょう。ほくろに照射すると火傷の原因になってしまいます。

脱毛器ならケノンをお勧めしますが、効率的に脱毛したい人には脱毛クリニック・サロンがおすすめです。

脱毛サロンのリンクスは医師が監修を行っておりサポート体制が充実しているのでお勧めです。

クリニックのメンズリゼは医療レーザー脱毛を使用しており、豊富なコースで自分に適したプランを組むことが出来ます。

リンクスとメンズリゼとは脱毛方法が異なるので、自分に合ったクリニックやサロンに通いましょう。

剛毛男子にも使えるケノン!

ケノン (家庭用脱毛器)
ケノンのロゴ
商品名 ケノン
評価 ★★★★★
商品価格69,800円
特徴出力120%アップ
剛毛男子にもおすすめ!
実績 脱毛器ランキング第1位

ケノンの公式サイトへ

清潔男子に変貌!メンズリゼ

men'stbc
メンズリゼ
メンズリゼのロゴ
クリニック名 メンズリゼ
クリニック評価 ★★★★★
脱毛料金 髭脱毛  91,800円
全身脱毛 276,000円
営業時間 14:00~23:00
キャンペーン カウンセリング0円

メンズリゼの公式サイトへ

メンズリゼのQ&A

 
気になる質問の"+"を押して答えを見よう!

途中解約は可能です。

当院ではしつこい勧誘は一切ありません。

シェービングの料金は頂戴しません。

キャンセル料は頂戴しません。

遅刻して全ての照射が終わらなければ、次の来院時に改めて予約をしていただきます。

特に必要なものはございません。

予約しやすいです。カウンセリングだけでも無料で受けられます。

メンズリゼの基本情報

地域店舗営業時間
東京メンズリゼ新宿14:00~23:00
休診:18:00~19:00
東京メンズリゼ渋谷10:00~20:00
休診:14:00~15:00
埼玉メンズリゼ大宮10:00~20:00
休診:14:00~15:00
千葉メンズリゼ柏10:00~20:00
休診:14:00~15:00
神奈川メンズリゼ横浜10:00~20:00
大阪メンズリゼ大阪梅田10:00~20:00
休診:14:00~15:00
大阪メンズリゼ心斎橋10:00~20:00
休診:14:00~15:00
兵庫メンズリゼ神戸三宮10:00~20:00
休診:14:00~15:00
京都メンズリゼ京都四条10:00~20:00
休診:14:00~15:00
名古屋メンズリゼ名古屋栄10:00~20:00
休診:14:00~15:00
名古屋メンズリゼ名古屋駅前10:00~20:00
休診:14:00~15:00
宮城メンズリゼ仙台平日:10:00~20:00
休日:9:00~19:00
休診:平日14:00~15:00
休日:13:00~14:00
新潟メンズリゼ新潟10:00~20:00
休診:14:00~15:00
広島メンズリゼ広島10:00~20:00
休診:14:00~15:00
福岡メンズリゼ福岡天神10:00~20:00
休診:14:00~15:00

メンズ脱毛カテゴリの最新記事

TOPに戻る